コードバンのラウンドファスナーウォレットLTDと封筒型名刺入れ

2018.12.18 Tuesday

0

    水染めコードバンのラウンドファスナーウォレット

     

    【コードバンのラウンドファスナーウォレットLTDと封筒型名刺入れ】

     

    今回ご紹介いたしますのは先日納品いたしましたラウンドファスナーウォレットLTDと封筒型名刺入れです。

    両方とも日本が誇るタンナー「新喜皮革」のコードバンです。

    この高級感のある「艶」、「ムラ感」。

    コードバンを使った商品は一般的にはスマートで上品な感じに仕上げてきますが、このラウンドファスナーウォレットLTDは「重厚感」を重視しております。

    最近は「薄くて軽い」が流行ですが、レザー製品には「信頼できそうな重さ」というのが欲しいです、個人的には。

     

     

    コードバンは一枚一枚、状態や厚みが違うので慎重に選びます。

    耐久性を考えて厚めのものを選びます。

     

     

     

     

    水染めコードバンのラウンドファスナーwぼ

    まずはラウンドファスナーウォレットLTDです。

    コードバンに合わせるのはTALONファスナー。

    古着好きの方には有名なメーカーですね。

    ファスナーテープが一般的なポリエステル製ではなく、綿製です。

    耐久性ではポリエステルに軍配が上がりますが、レザーとの相性バッチリ。

     

     

     

    内装

     

    真ん中にコインケースが配置された一般的なスタイルです。

    全て革で作られています。

     

     

    内装はダークブラウンのイタリアンレザーです。

    こちらは牛革の「ダブルバット」という部位を使用。

    お尻から背中にかけての繊維が詰まった丈夫な部位です。

     

     

    水染めコードバンのラウンドファスナーウォレット

    こちらは封筒型名刺入れです。

    同じく新喜皮革のコードバンを使用。

    色は同じですが、ロットの差により若干前述のラウンドファスナーウォレットLTDよりも濃いめですね。

     

     

     

     

     

    水染めコードバンのラウンドファスナーウォレット

    中は明るい色の革を貼っております。

    革のカードが付属しますので、名刺入れ内の仕切りとしてお使いください。

     

    ※申し訳ございませんが、現在このコードバン封筒型名刺入れは欠品中です。

     

     

     

     

    シンガーの足踏みミシン

    SHINの製品は全てこの1931年製のSINGERの足踏みミシンで制作されております。

    古いですが、構造がシンプルなのでまだまだ現役!

     

     

     

     

    シンガーの足踏みミシン

    こんな感じでいつも作っております^^

     

     

    それでは今回はこの辺で。

    SHIN代表兼職人の加來でした。

     


    ラウンドファスナーウォレットLTD商品ページはこちら

     

    コメント
    コメントする